自分と向き合う

きれいごと

「これって“綺麗事”ですよね・・・?」

と聞かれたことに対して私の綺麗事の見解です。

普段、あまり優しくないなと感じる人が“綺麗言”を言うと
??ってなる。
その人の日常の在り方と言葉との微妙なブレが
なんだか違和感になる。
きっとこれが
これまで使われてきた“綺麗事”の内容なのだと思う。

一方で

普段、周囲を大切にしている人が発する言葉は“綺麗言”に聞こえる。
そういった人の行動は美しく見えて
綺麗事って素敵だなって感じる。

どこまでも一貫している人達が周囲にいて、心から尊敬をしている。

この場合どっちかなって感じて
それぞれを区別はしているけど
どちらが良いとか悪いとかはジャッジはしない。

ただいつも
自分を見つめる材料にはしている。